過去の展覧会



アルスギャラリー20周年記念

山田勇魚 個展「stranding」

日 程 2022年4月26日(火)〜5月8日(日)
時 間 12時〜19時(最終日17時)

山田勇魚は長い時を経た物に魂が宿るとされる
日本の民間伝承「付喪神(つくもがみ)」をテーマに制作している美術作家だ。

展示タイトルの「stranding」は鯨などの海洋生物が
生きたたまま打ち上げられる事を指す言葉で、
今回の個展では沈没船に宿った魂が鯨の姿となって故郷の港へと帰る帰港シリーズや
海岸に流れ着いた漂着物が渡鳥となって浜から浜へと旅をする漂流シリーズを展開する。



山田勇魚 | ISANA Yamada

プロフィール
長い時を経た物に魂や神仏が宿るとされる日本の民間伝承「付喪神(つくもがみ)」をテーマにしている立体造形作家。

1988年 埼玉県出まれ
2016年 東京藝術大学大学院修士課程デザイン専攻 修了
修了制作 <デザインN賞>
2017年 個展 / 新宿伊勢丹
2018年 個展「From The Seabed」 / 代官山蔦屋
2019年 個展「輪廻」 / レクサス小倉
2020年 個展「入場できない美術展」 / とりでアートギャラリー
2021年 個展 / 新宿伊勢丹
2021年 アートフェア東京

その他 個展・グループ展多数
作品ジャンル 立体造形
作品点数12〜20点



ars gallery